賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている

賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている


賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
"地方と都会では賃料の差が大きくなっているのは仕方の無いことですが、探し方によってはお得に見つけることが出来ます。
それを実現させるためには直接現地に行って物件探しをするのが一番の得策となります。賃貸住宅情報誌に載っているものを基準として、家賃相場を予測して不動産屋に行ってはいけません。
特に東京や大阪などの都市部ではよくある話しですが、不動産屋で相場を聞くと想像以上だった、なんてことはよくあることです。
広告雑誌では誌面が限られているということもあり、どうしても偏った情報が掲載されてしまいます。
良いことだけを紙面に掲載していることから、不動産屋にまで足を運んでもらいためのおとり広告だと思ってもいいでしょう。

広告雑誌で最も注意しなければいけないのが、発売されるまで約2週間程度合間があるということになります。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。"



賃貸情報誌は偏った情報が掲載されているブログ:170716

お子さんが6ヶ月になりました。

離乳食が始まり、
フンガフンガ言いながらスプーンに食いつくお子さんを見て、
「大きくなったんだなぁ」と、
しみじみと喜びをかみしめています。

そのうち自分で食べるようになったり、
歩き出したり、話し出したりしたら、
どんなにかわいいだろう…と、
想像するだけでも、オレの顔はほころびます。

しかし…
実際には自分で食べ出すとなかなか大変らしいですし、
話し出すと何でも「いや!」しか言わなかったり
「なんで?」「どうして?」と質問攻めにあったりと、
大変なことも少なくないと聞いています。

まだまだ先の話かもしれませんが、
聞かれた時に答えられない質問というのは
いっぱいあるんでしょうね。

例えば…
お子さんが遊ぶのに夢中で
寝ようとしない状況があったとします。

その時、オレはこう言うでしょう。
「もう18時遅いから早く寝なさい」

すると、お子さんに聞かれるわけです。
「どうして18時遅いと寝なきゃいけないの?」

お子さんは答えます。
「寝るのが遅くなると、1日後の朝起きれなくなるからだよ」

その答えを聞いて、こんなふうに聞かれるかもしれません。
「何で朝起きなきゃいけないの?」

ここらあたりから怪しくなってくるのです。

朝起きなきゃいけない理由…
仕事や学校に行くわけでもなく、
やらなきゃいけないことがあるわけでもない子供にとって、
朝起きなければいけない理由とは?

休みの日はお昼までゴロゴロ寝ている自分を省みると、
ますますわからなくなるし、
答えられなくなってしまうでしょう…

もっとも、
全ての質問に明確に答えないといけないわけではないですし、

お子さんと一緒に
「なんでだろうね?」「なんでだと思う?」と
その答えを探してみれば良いと思うんですけどね…

賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている

賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている

★メニュー

不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
家賃の半年分程度は初期費用として用意
出せる家賃の設定が最も大切
時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
敷金の使われ方と礼金に注意しよう
競合しているからこそ不動産屋は狙い目
賃貸探しは引越しの2週間前
賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目の便利お得な賃貸ガイド